ルバーブ

ルバーブ

<栄養>

フキのように長い茎で、草丈が1m以上になる野菜です。色は赤の他に緑種もあり、茎の部分を食します。食物繊維・カルシウム・カリウムが豊富で、肉の消化を助ける酵素が含まれているため、ヨーロッパでは古くからデザートにも使われています。

<保存>

生のルバーブは新聞紙やラップに包んで冷蔵庫で保存できますが、鮮度が落ちやすいため、ジャムやコンポートなど、早めに調理・加工する方が日持ちします。または、短く切って冷凍保存も可能です。

<お買い物メモ>

色鮮やかでハリがあり、切り口が新しいものを選びましょう。変色していたり、萎れているものは避けます。見た目は硬くても、茎を細かく刻んで加熱すると柔らかくなります。葉はシュウ酸を多く含むので食用できません。

<レシピ>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です