葉タマネギ(タマネギの若採り)-小金井野菜-

葉タマネギ

<栄養>

通常のタマネギは葉を枯らした状態ですが、葉タマネギは若いうちに収穫するので葉の部分も食べられます。
葉にはカロテンが多く含まれています。 玉の部分はあまり栄養価は高くありませんが、臭い成分には胃の消化液の分泌を促進し、食欲増進効果があります。 また、効果があるので風邪の引き始めに、タマネギのスライスに熱湯をかけて、味噌や醤油をたらして飲んだり、タマネギを吸った絞り汁をお湯で薄めてうがいをすると治りが早いようです。

<保存>

普通のタマネギを保存するには風通しが一番大切なポイントです。日陰で風通しの良いところで保存しましょう。 切った残り以外あまり冷蔵庫保存はお薦めしません。
葉タマネギの場合は、長ネギと同じようにラップや新聞紙に包んで、冷蔵庫で保存しましょう。

<お買い物メモ>

緑が鮮やかで玉の部分は白くてみずみずしく、しまっているものを選びましょう。 茶色に変色したり、触ってふかふかしているものは、古いものの可能性があります。
葉タマネギは短い時期のものなので、見つけたらぜひ一度は買ってみましょう。 甘味があって軟らかく、とてもおいしいです。


Comments are closed.