エコクッキングにチャレンジ

エコクッキングは、環境に負荷を与えない料理です。
「生ごみを出さない工夫」のところで、「可食部はなるべく調理して利用する」とありました。
「食べられない」と思って捨てている部分も、実は美味しく食べられるものもあります。
今回はエコクッキングにチャレンジしてみましょう。

エコクッキングのコツ

  • 皮やヘタ、根など、普通は捨ててしまいがちな部位も使うので、とにかく良く洗うこと。
  • チャレンジ精神を持つこと。

・皮を利用する

  • 皮を付けたまま調理する(煮物や炒め物)
    れんこんにんじんだいこんかぶじゃがいも(芽はしっかり取り除く)、ごぼううどかぼちゃなど。
    例:普段皮をむいて作っている筑前煮やキンピラなどを、皮つきのまま作る。
  • むいた皮を調理する(炒め物や汁の実)
    にんじんだいこんかぶうどかぼちゃじゃがいもなど
    例:大根おろしを作るときに皮をむいたら、皮は細く刻んで味噌汁の実にする。
  • むいた皮を干して調理する(漬物、煮物や炒め物)
    にんじんだいこんかぶなど
    例:干した野菜の皮を、しょうゆ・みりん・酢を混ぜた調味液に漬ける。

・ヘタやシッポ、根を利用する

  • 細かく刻んで調理する(餃子やハンバーグ、肉団子、タレやドレッシング)
    ナスのヘタピーマンのヘタキャベツや白菜の芯ネギの青い部分や根など。
    例:ピーマンのヘタやねぎの青い部分と根などを細かく刻んで、ニンニクやショウガも加え、しょうゆ・酒と合わせて、焼き肉などの浸けダレを作る。
  • ヘタをそのまま調理する(煮物)
    ナスのヘタなど
    例:なすのヘタをしょうゆと酒で煮含める。(江戸時代の料理で「天満椎茸」という)

・種を利用する

  • 干して揚げる(そのまま食べたり、トッピングに)
    かぼちゃにがうりなど。
    例:かぼちゃやにがうりの種を洗って干し、油で揚げて塩を振りかける。

エコクッキングの楽しいところは、作っているうちに、「これは使えないか、この部分はおいしいだろうか」と、次々にアイデアがわいてくるところです。ぜひ、挑戦を!

実践しよう!

1. 生ごみを出さない工夫
2. ホームフリージングの活用
3. リメイク料理で簡単アレンジ
4. エコクッキングにチャレンジ