ひなまつり

ひなまつり

ひなまつり

3月3日は「ひなまつり」。 ひな人形を飾り、女の子の成長と幸せを願う年中行事です。
ひなまつりはもともと旧暦3月3日の行事で、桃の花の咲く時期にあたるので「桃の節句」とも呼ばれます。
桃の花やひし餅、ひなあられなどを供え、地域や家庭によって異なりますが、白酒やちらしずしなどを食べます。

ひなまつりの元は古代中国の風習です。 旧暦3月3日は五節句のひとつ「上巳(じょうし)の節句」で、この日は厄日(災難にあいやすい日)とされ、人の形に切った紙人形を川や海に流し厄よけをしました。 これが奈良時代に日本に伝わりました。
その頃日本の貴族の女の子のあいだで紙でできた人形で遊ぶ「ひいなあそび」が行われていました。 この人形(にんぎょう)と人形(ひとがた)を川や海に流す上巳の節句の風習が結びつき、「ひいなあそび」の人形にお供えをしたり、ご馳走を食べたりしたあと、女の子の健康と幸せを願って人形にけがれをうつして、川や海に流す「流しびな」という風習が生まれ、これがひなまつりの始まりとなりました。

「ひなまつり」と桃の花

昔から桃には邪気をはらう力があるとされ、様々な神事に取りいれられていたので、邪気ばらいをする「上巳の節句」が「桃の節句」になりました。
また桃は不老長寿によい植物で、百歳(ももとせ)まで長生きできるよう、桃の節句には桃花酒を飲む風習もありました。


Comments are closed.