春の七草

春の七草

春の七草「七草粥」

新年、1月7日の朝、長生きと健康を祈って春の7種類の若菜(せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ)をお粥に入れて食べるのが七草粥です。
7日といえばお正月の松の内(最後の日)で、この日に七草粥を食べて1年の豊作や無病息災を願うようになり、お正月の行事として定着しました。 また、七草粥はお正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわってくれます。 青菜の不足しがちな冬場に栄養(ビタミン)補給の効果があり、越冬に強い植物七草を入れた七草粥を食べると、邪気を払い病気にならないと昔から言われています。
旧暦では2月上旬の行事でしたが、現在の暦では1月なので、若菜が芽を出すのには少し早いため、手に入りやすい身近な青葉、かぶや大根の葉、小松菜、春菊、ほうれんそうなどを栄養補給のためにお粥に入れてもよいでしょう。 最近では栽培された七草がセットで売られているので、これらを利用し、手軽に作ることが出来ます。


Comments are closed.