休日の朝ごはんは特別!

 お盆休みを迎えました。
いつもの平日の朝ごはんと違って、時間に余裕のある休日は朝ごはんは特別です。
帰省先のおじいちゃんおばあちゃんの家で食べる朝食。忘れられない食の記憶にもなりますね。いつもは時間がなくて配膳の手伝いができない子供たちにも積極的に参加してもらいましょう!教える大人も時間的余裕がありますので、お皿洗いやお皿拭きなど子どもの自立のチャンスにもなります。
また、家と違う場所での食事は、偏食を見直すいいきっかけにもなります。家では食べないからと食卓にのぼらないものが出されていたりするので、皆が食べているとつられて・・・という行動が大人にも子どもにもみられるのです。
ホテルなど旅行先では、バイキング形式の朝食も多いでしょう。好きなものを好きなだけという選択を一歩進めて、バランスが取れているかチェックしてみませんか?自然と彩りもよくなっているのが不思議です。子どもが考えて選んだものを見て、ほめてあげてください。これは「選食力」の第一歩になります。
たまにはお父さんと子どもで朝ごはんの食卓をしつらえるのも面白いですね。お母さんはわざと(?)お寝坊さんを決め込んで。お父さんの卵料理は美味しい!なんて子どもが羨望のまなざし。お母さんは感激の朝ごはんかもしれません。
この時期ならではの旬の野菜や魚。
美味しいものを食べた記憶は一生の宝です。夏の思い出と共に心に刻まれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です